東海大学病院HPトップページへ Drs'インタビュー 腹腔鏡手術について リンク  
 
  医療関係者向け
  トップメニュー
求人(後期研修・入局)のご案内 医療関係者の方へ 教室紹介
こんな症状ありませんか?   泌尿器の病気について 交通案内
診療のご案内   検査について
 
手術実績
Drs'インタビュー 医療従事者の"人間性"も治療の助けとなる

花井一也(画像)
 花井一也
Profile

専門分野
前立腺肥大症に対するレーザー治療
泌尿器内視鏡手術全般
ロボット支援手術

所属学会
日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡外科学会
日本内視鏡外科学会

略歴
S51 京都府京都市生まれ
H7 ヴィアトール学園洛星高等学校卒業
H15 東海大学病院臨床研修医
H17 東海大学医学部外科学系泌尿器科学臨床助手
H18 静岡市立清水病院
H20 東海大学医学部外科学系泌尿器科学助教




外来担当の日には、一日50人以上の患者さんに向き合うことになります。患者さんはご自身の抱える病気について、大きな不安を抱えながら病院を訪れます。だからこそ、患者さんには「この医師にすべて任せよう」と思っていただきたい。そのために大切なのは、やはりコミュニケーションだと思います。診察室のドアを開け、患者さんと最初に向き合った瞬間からそれは始まっています。相手の表情や目線、付き添ってこられたご家族の様子などから患者さんの思いやその背景を読み取り、こちらも目線の配り方や、身振り手振り、口調など、いかに信頼できる存在だと思っていただけるかを考えて患者さんと向き合っています。治療の知識や技術はもちろんですが、私たち医療従事者の人間性もまた、患者さんの不安を和らげ、治療をより効果的なものにすることができると考えています。東海大学病院の泌尿器科に来てよかったと思っていただけるような日々の診療と、東海大学医学部の建学の精神である「良医を育てる」という大きな目標に向かって学生教育にも力を注いでいきたいと思っています。


前のページに戻る
Department of Urology Tokai University Hosopital TEL 0463-93-1121 〒259-1193 神奈川県伊勢崎市望星台

Copyright(c) 2004 Department of Urology Tokai University Hospital Allrights Reserved. 
※ 当サイトにあるページの全てまたは一部、画像及び文章等の無断複写及び無断転載を禁止致します。